マーケティングオートメーションのメール作成・配信機能

マーケティングオートメーションのメール作成や配信の概要

マーケティングオートメーションシステムは、今まで人が行ってきたマーケティング活動を自動化できるメリットがあり、多くの企業が導入したり検討を進めています。マーケティング全般をカバーしているツールであるため、いくつもの要素が盛り込まれていますが、その一つの機能がメール作成と配信です。オンラインでのコンタクトやセミナーに参加された等、様々な方面から取得したユーザーのデータを分析してレベル分けし、個々のユーザーの現時点での興味の度合いに応じてメールを作成し、配信することができます。どのレベルの顧客にどんな内容のアプローチをしたらよいのか、複数のシナリオを設けることができるので、より効果のあるメールを配信することが可能です。

既存のメール配信システムとどう違うか

メールを作成したり配信するのであれば、今まであったメール配信システムの方がはるかに安価ですが、相違点はどこにあるのでしょうか。実は、既存のメール配信システムとマーケティングオートメーションシステムのメール配信機能では、どこに視点を置いてメールを配信するのかが違ってきます。 既存のメール配信システムの目的は、メールをあらかじめ作成しておき、一斉に配信するというものです。メール送信後の開封率やクリック率などを元に効果測定は行えますが、あくまで配信側のメリットに重きが置かれています。一方、マーケティングオートメーションでのメール作成や配信機能は、ユーザーの視点に立って行われます。ユーザーのアクションを元にメールの配信が行えるので、効果を上げることができます。