マーケティングオートメーションなら作業工数を減らせる!

マーケティングオートメーションを使う場合と使わない場合の違い

従来のマーケティング活動は、人海戦術ですべての顧客に対してマックスのアプローチをすることが一般的でした。ですが、マーケティングオートメーションシステムを導入すると、顧客のデータを使って分析することで興味の度合いなどの把握が容易になり、購入に至る可能性が高い顧客に集中してアプローチし、より少ない努力で最大限の効果を上げることができます。そのため、マーケティング活動にかかわる人員を絞り、少数精鋭で見込み客全体のフォローができます。

また、従来のマーケティング活動の欠点は、ヒューマンエラーや取りこぼしにありました。その点、マーケティングオートメーションを活用すると、顧客の動向が手に取るようにわかるので、見逃してはいけない見込み顧客を把握し、顧客の関心に合わせた的確なアプローチができます。

作業工数を減らすためのポイント

マーケティングオートメーションシステムを導入したからと言って、自動的に作業工数を減らすことができるわけではありません。システムを自社仕様に育てていくことが作業工数を減らすためのポイントです。つまり、仕込みをしっかりすることで後の作業を楽にすることができます。

そのためにできることの一つが、データ管理です。すでに入手している顧客の属性に加えて、問い合わせ内容や購入履歴、オンラインの閲覧履歴やメールの開封などを連動して記録することで、ピンポイントでのアプローチを可能にし、最小努力で最大効果を得ることができます。加えて、見込み顧客をスコアリングする機能や、顧客の行動やアクションへのシナリオを作成しておくことも作業工数削減に役立ちます。