マーケティングオートメーションなら顧客との関係を構築しやすい!

顧客に適したタイミング・方法でアクションを起こせる

インターネットの発達した現代では、顧客が商品の情報に触れる方法も多岐に渡っています。従来の展示会、カタログ・リーフレット、対面での営業に加え、公式サイト・Web広告・SNSといったオンラインで商品を知る人も多いでしょう。しかし、こうして得た見込み客に一括でメルマガやアンケートフォームを送っても、商品を検討する段階や持つ情報量がそれぞれで違うため、効率も悪く思うように販売・契約へとつながりません。

マーケティングオートメーションを導入すれば、顧客を商品情報へのアクセス方法や検討段階でグループ別に振り分けるなどして、それぞれに適したタイミングと方法でアクションを起こすことができます。たとえば顧客の興味を引きそうなセミナーへ案内して、その後の参加へのお礼メールを自動送信といった細やかな対応も可能になります。人の手だけでは膨大になりがちな作業量も、情報を一元化して管理することで効率的に行うことができます。

ミスが発生するリスクを減らし、顧客からのイメージダウンを防ぐ

事業が拡大すればするほど、顧客リストの量も膨大になり、管理も煩雑になっていきます。人の手だけで、あるいは個々の機能で独立したソフトで管理しようとすると、効率が落ちてミスも出やすくなります。たとえばメルマガ・アンケートの配信先や資料の送付先など、顧客へのアクションはできるだけミスを避けたいものです。

マーケティングオートメーションを導入することで膨大な顧客リストの管理を一元化し、さらに自動で情報を取り出せるので、アクションを起こす対象を漏れなく選ぶことができます。また確認のために人材を必要以上につぎ込むこともなくなります。ミスによる効率ダウンと顧客からのイメージダウンを防ぎ、良い関係を保って契約・販売へとスムーズに繋げることができるでしょう。